• タカラバイオHOME

キノコ事業のご案内

 

人々の健康を支える「キノコ」とともに歩み続ける。

タカラバイオ・キノコ事業発展の歴史は、1970年にブナシメジの栽培に世界で初めて成功したことにさかのぼります。これを皮切りに、困難とされてきたハタケシメジとホンシメジでも大量栽培に成功しました。

ハタケシメジは2003年に瑞穂農林株式会社で生産を開始、現在では「大粒丹波しめじ」として日本最大のシェアとなっています。また、ホンシメジは2004年に楠工場で生産を開始、2013年には瑞穂農林株式会社でも大量生産を開始し「大黒本しめじ」としてこちらも日本最大のシェアを誇っています。

タカラバイオは、新品種の育種や栽培方法の開発、大量生産技術を確立していくとともに、「キノコ」が持つ生理活性作用を高度なバイオ技術によって読み解くという研究にも取り組んでおり、より健やかで豊かな食文化の創造を目指していきます。

また、沖縄県では株式会社きのこセンター金武でブナシメジを生産し、地産地消型の事業を展開しています。

瑞穂農林株式会社
瑞穂農林株式会社
京都府船井郡京丹波町保井谷三ッ枝
38番地
TEL. 0771-86-1500
FAX. 0771-86-1681
 
株式会社きのこセンター金武
株式会社きのこセンター金武
沖縄県国頭郡金武町字金武9006番地
TEL. 098-968-7288
FAX. 098-968-7289

ホンシメジの栽培に成功

ホンシメジの生産

1999年、タカラバイオは、マツタケと同じ菌根菌であるため栽培が困難とされていたホンシメジの大量栽培に成功しました。「香り松茸、味しめじ」と言われているように、ホンシメジは味がよいことで知られていますが、その美味しさは京都の老舗割烹店の主人による折紙付きです。このホンシメジを2004年より三重県四日市市で、2013年からは、京都府京丹波町の瑞穂農林株式会社(タカラバイオ・京丹波町・京丹波森林組合が共同出資)でも大規模生産しています。
2015年3月で三重県四日市市での生産は終了しました。

「大黒本しめじ」のご案内はこちら


ハタケシメジの生産

ハタケシメジの生産

消費者のみなさまから大変ご好評いただいているハタケシメジは2003年から、京都府京丹波町の瑞穂農林株式会社で生産されています。生産には、タカラバイオの菌株と栽培技術が用いられています。

「大粒丹波しめじ」のご案内はこちら


キノコの新品種および栽培技術の開発・ライセンスアウト

ブナシメジ、ハタケシメジ、エリンギ、クロアワビタケ

当社は1970年にブナシメジの栽培に世界で初めて成功し、この栽培技術および菌株を、JA全農長野などへライセンスアウトしてきました。以降、各種きのこの品種改良や栽培技術開発を重ね、現在も新たな優良菌株のライセンスアウトを行っています。


培地活性剤の販売

当社は、キノコの栽培技術開発とともに、各種キノコ用増収剤「培地活性剤」の販売も行っています。
少量の添加で大きな増収効果が得られます。安全性、経済性に優れ、またロットによるばらつきが少ないため、安定した増収効果が期待できます。現在「ぶなしめじ用活性剤」、「エリンギ用活性剤」、「マイタケ用活性剤」を販売しています。


お問い合わせ

タカラバイオ株式会社 キノコ営業部
TEL. 077-501-7015 FAX.077-501-7016

▲このページのトップへ