明日葉の抗認知症・抗末梢神経障害作用

明日葉による認知症や神経障害の予防・治療効果が期待できます。
神経成長因子(NGF)は、神経細胞の生と死に密接に関わるタンパク質です。脳神経細胞の樹状突起(アンテナ)の機能低下を防ぐために重要な働きを担います。
タカラバイオは、明日葉にこのNGFの産生を促す働きがあることを解明しました。すなわち、アルツハイマー型認知症や糖尿病合併症などによる末梢神経障害の予防・治療に、明日葉が効果を示すことが期待できます。

培養細胞実験 明日葉のNGF産生促進作用

マウス線維芽L-M細胞に明日葉の水抽出物を添加して培養後、培養液中のNGFをELISA法により定量しました。
その結果、明日葉の水抽出物に10〜20倍のNGF産生促進作用が認められました。
第 18 回和漢医薬学会大会(2001)
日本生薬学会第 48 回年会(2001)
第 74 回日本生化学会大会(2001) (タカラバイオ発表)

明日葉水抽出物によるNGF産生促進

▲このページのトップへ