ボタンボウフウ由来イソサミジンの排尿障害改善作用

加齢に伴い、過活動膀胱や前立腺肥大などによる排尿障害が起こります。
これらの排尿障害においては、右図に示すように膀胱や前立腺の筋肉(平滑筋)が過剰に収縮することによって、残尿感、尿意切迫感、頻尿、夜間頻尿、尿失禁が起きると考えられています。

過活動膀胱は40歳以上の8人に1人が相当すると言われ、その原因は様々ですが、自分の意思とは関係なく膀胱が収縮してしまうため、急な尿意に襲われるなど、生活の質(QOL)の低下にもつながります。
一方、前立腺肥大は40歳以降に急増し60歳代の男性の約70%に認められる症状です。前立腺の肥大化に伴う尿道の圧迫に、前立腺平滑筋の過剰収縮が加わり、さまざまな排尿障害が起こります。

タカラバイオでは、ボタンボウフウに含まれるイソサミジンという成分が過剰に収縮した膀胱や前立腺を弛緩させる作用があることを明らかにしました。

ボタンボウフウ由来イソサミジンの膀胱ならびに前立腺の平滑筋弛緩作用

屋久島原産ボタンボウフウの膀胱ならびに前立腺の平滑筋弛緩作用を摘出組織を用いて評価しました。
ウサギの膀胱組織はアセチルコリン、前立腺組織はフェニレフリンと共に、ボタンボウフウの活性成分であるイソサミジンを作用させ弛緩率を測定しました。
その結果、イソサミジンが過剰に収縮した膀胱や前立腺の平滑筋を弛緩させることが明らかになりました。
なお、このような作用は前立腺肥大に効果があると期待されているノコギリヤシエキスにはほとんど認められませんでした。

イソサミジンの排尿障害改善作用

ボタンボウフウ由来イソサミジンの排尿障害改善作用を、静岡県立大学との共同研究により評価しました。

ラットにイソサミジンエキスを経口投与し、その1時間後に30ml/kgの水を飲ませました。続いて、水負荷(飲水)後2時間の排尿回数および排尿量を測定しました。

その結果、イソサミジンエキスは水負荷によって生じる排尿回数の増加を抑制することがわかりました。また、イソサミジンエキスの投与により1回当たりの排尿量が増加することもわかりました。

第 19 回 日本排尿機能学会学術大会(2012)

次に、頻尿に対するイソサミジンエキスの作用を調べました。 酢酸誘発頻尿モデルラットにイソサミジンエキスを経口投与し、シストメトリー法により、投与前後の排尿パラメータを測定しました。

その結果、イソサミジンエキスの経口投与により、排尿回数が減少し、排尿間隔が延長することが分かりました。
このことから、イソサミジンエキスには、頻尿を改善する作用があると考えられました。

第 20 回 日本排尿機能学会学術大会(2013)

▲このページのトップへ