ボタンボウフウ由来イソサミジンとノコギリヤシとの併用効果

前立腺肥大は40歳以降に急増し60歳代の男性の約70%に認められる症状です。
前立腺は、男性に特有の器官で、膀胱の下にある尿道を取り囲んでいます。前立腺が肥大化すると物理的に尿道が圧迫されたり、前立腺が過剰に収縮して尿道が締め付けられ、排尿トラブルがおこります。
尿が出にくくなるため、残尿感や尿勢低下、頻尿などの症状がみられます。

屋久島原産ボタンボウフウに含まれるイソサミジンには、前立腺の過剰収縮を抑える作用が認められました。このことから、前立腺肥大による排尿障害を改善する働きが期待できます。

また、排尿トラブルに悩む男性の中には、前立腺肥大と過活動膀胱を伴っている場合もあります。
イソサミジンエキスには、過活動膀胱を改善する作用が認められました。

ノコギリヤシとは

ノコギリヤシの前立腺肥大抑制作用

ノコギリヤシは北米原産のヤシ科植物で、その果実に遊離脂肪酸やステロールを含みます。ノコギリヤシ果実エキスには、右図に示すように男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成を担う5α-リダクターゼの活性を阻害する作用があり、前立腺肥大に対する効果が期待されています。 一方、ボタンボウフウのイソサミジンには5α-リダクターゼの阻害作用はほとんど認められませんでした。

イソサミジンとノコギリヤシ果実エキスとの併用による排尿障害改善作用の増強

イソサミジンエキスと男性の排尿機能改善のために広く利用されているノコギリヤシ果実エキスの単独、あるいは併用時の効果について、同じモデルを用いて、水負荷後2時間の排尿回数および排尿量を測定しました。

その結果、低用量のイソサミジンエキスならびにノコギリヤシ果実エキスは、いずれも単独での排尿機能に対する効果は見られませんでしたが、それらを併用(同時に摂取)することにより、排尿回数の減少と1回当たりの排尿量の増加が認められました。

第 19 回 日本排尿機能学会学術大会(2012)

すなわち、ボタンボウフウ(イソサミジン)は膀胱・前立腺の平滑筋を緩め、ノコギリヤシは男性ホルモンの合成を阻害して前立腺肥大を抑えるという、それぞれ異なる働きで排尿機能の改善に効果が期待できると考えられます。

▲このページのトップへ