ガゴメ昆布「フコイダン」のアレルギー抑制作用

動物実験 アレルギーモデルにおけるガゴメ昆布「フコイダン」のアレルギー抑制作用

ガゴメ昆布フコイダンのアレルギー抑制作用を卵白アルブミン(OVA)誘発性アレルギーモデルを用いて評価しました。
マウスに6週間、ガゴメ昆布フコイダンを飼料に混ぜて与えました。投与開始2週目と4週目にOVAを腹腔内注射し抗原感作しました。6週目に採血し血中のOVA特異的IgE抗体濃度を測定しました。また、脾臓を採取し、OVA存在下で脾臓細胞を96時間培養し培養液中のIFN-γとIL-4の濃度を測定しました。

その結果、ガゴメ昆布フコイダンを経口投与したグループにおいては明らかにOVA特異的IgE抗体濃度の上昇が抑制されました。
また、ガゴメ昆布フコイダン投与グループの培養脾臓細胞においてIFN-γ/IL-4比の増加が認められたことから、ガゴメ昆布フコイダンにより免疫バランスがTh1側に改善され、アレルギー状態が緩和されたことが示されました。

▲このページのトップへ